おやすみ はぐれ狼


10月15日
もうひとつのブログでアップした記事を
こちらでもup致します。

blog.goo.ne.jp


(以下、本文↓)

******************************************


もうすぐ
冬になろうかとしている

寒い夜だった。



私は

風の吹きさらす荒原を

裸足で
とぼとぼと

歩いていた。



そこに

銀色をした
美しい毛並みの狼が

一匹現れて

言った。


自分を毛皮にして

君を暖めたらいいよ

と。


私は

言葉を失った。




      *   *   *  *  *   *




その女の子は

産まれてまもなく

竹藪に捨てられた。


よんどころのない
事情があって捨てられたのか、

それとも

高貴な婦人が
山道の途上で

強盗に襲われ

やむを得ず
置き去りにしたのか

わからない。


当時

産まれて間もない赤ん坊を

竹藪に捨てることは

それほど
珍しいことでは
なかった。


その女の子は

通りがかった
老夫妻に拾われ

大切に育てられて、

すくすくと育った。



女の子は
ほかの子供とは

どことなく違った雰囲気を
漂わせていた。


成長するにつれ

それは
日増しに明らかになっていった。


当時、
女の子は

屋敷の奥深くに匿われ
人目にはめったにさらされないことが
普通だった。


その女の子の噂は

噂が噂を呼んだためか、

たくさんの人たちの耳に入り

男たちは
我競って

女の子に求婚をした。


けれども
女の子は
そのどれにも答えなかった。

のみならず

求婚をしてくる男たちに

無理難題を押し付け

それを解決しない限りは

断じて

結婚などしないと
頑なに拒否したのである。


男たちの中には

命を落とす者もいた。


けれども、

その女の子は
自分の意思を貫き

求婚を拒否し続けたのである。


何故?


それは
彼女にしかわからない。



      *    *    *



この女の子の話

――――すなわち

かぐや姫の物語について、



かぐや姫の功罪とは
何なのか

ということを


私は何度か考え

このブログに書いたことがある。

そのときは
かぐや姫の運命について


それがどいういう
“前世からの因縁なのか”

ということについて
考えていた。


けれども、

もっとも
大切な

かぐや姫の気持ちは

一体どいういうものだったのか

ということについて

考えたことは

なかったのだった。


かぐや姫

人間ではないのだから

彼女の気持ちは

問題の本質ではない

という人もいるかもしれない

けれど。


でも


どうかな。


感情というものが

人間を形作る上で

もっとも大切なものであり

それが

人間以外の生き物とを隔てる
明確な違いであり、

もしくは
想いや感情こそが
ほかの生命ともつながるための
よすがとなるものであると言うならば


それは

やはり
一番考えるべき
大切なことなのではないか

とも思う。



少なくとも

私は
つい先日

そう感じたのだ。


そして

かぐや姫の罪が

何だったのか

ということが

いかにも
あっさりと

明確に
理解できたのである。


彼女の罪

それは


自分の中に

それがどんな形であれ

他人の想いを受け入れることが

できなかった


ということである。


        *      *       *




10月9日に

spitzの新しいアルバムが発売された。


私はお休みの日に

ゆっくり聞きたかったことと

Spitzbergen限定盤を注文した都合上
直接配送されるということになったため

10月12日の午前中に到着するように
前もって決めておき、

手元に届いてからすぐに聴きました。



前回のライブの参加は
Go!スカというファンクラブイベントが
去年に開催されて

それ以来
というか、

その間にも
ライブはたくさんあったと思うけれども

私は携帯とPCが立て続けに駄目になったことと
ここ近年はブログのほうも少しお休みさせていただく
(月1ペースでは書いていたけれども)
ということにしていたので
ネットでの情報収集などは一切しないことを
決めており、

とてもとても久しぶりに
spitzの新しい何かに触れたことになりました。


すごく長い間

何もしていなかったように
思われるかもしれませんが

普段の生活では

本当にいろんなことがありました。


今回のspitzのアルバムを聴いて

最初に
思ったことは

私って
人から見ると

暗闇の中にいるみたいなんだな

っていう

自分についての
“発見”でした。


私は

たぶん

ずっと暗闇の中に
いたんだと思う。


自分では
普通に生活しているつもりだったけれども

そして
私はそれが普通だったんだけれども

でも
本当は

暗くて寂しいところに

一人でずっといたんだな、

っていう。


少なくとも人はそう感じるし、

近づく人は

そう思うのだろう。


自分では
当たり前になっていたけど。

それは

別に
ブログを書かなくなってから

というよりは

たぶん

それよりも
ずっとずっと前から

そうだったのかもしれない。


それが
いつからなのか

もう自分でもわからないくらい。



spitzの今回のアルバムは

私の予想は
あまりあたっていなくて

もっと違った感じになるんじゃないかな

って思ってたけど

そうじゃなかった。


それは
残念とかそういうのではなくて


曲に込められた想いを
すごく感じたアルバムだった。


マサムネさんって

深い人だな

って思った。


マサムネさんは


ずっと深いところにある


その人が気づいていないところの
深部にまで
潜って

寄り添って

一緒に
感じてくれて


当たり前に

まっすぐに

向き合ってくれる人だと思った。


びっくりするくらい。


それを

私は

意図的に

或いは

無意識に

マサムネさんに求めていた。


求めすぎていた。


そんなの
勝手な
ワガママなのに。


でも

マサムネさんは

アルバムの最後のボーナス・トラックの
「ブランケット」という曲で
(さっき、ネットで確認のために歌詞を検索したら
平井堅さんに提供した歌らしいですぬ。)

自分が「ブランケット」になる
と歌っていた。


びっくりした。

それは

純粋なる驚きだった。


マサムネさんが
そんなことしなくて
いいよ

って

私は思った。


思った反面

その歌を聴いて

とめられなくらいの
涙がこぼれた。


それは

ずっとずっと

泣けなかった分の涙だった。


心の底から
湧き上がってくる涙だった。


嗚咽がとまらないくらい

一人で
部屋で泣いていた。


あんな風に泣いたのは

本当に久しぶりだった。


今まで我慢していた分
全部泣いた感じだった。


そのとき
私は思った。


マサムネさんが歌っていることが

たとえそれが
本心でなかったとしても

それが
何だというのだろう

と。

目の前の人が

自分が
信じてやまない

大好きな人が


そういう風に歌ってくれるのを聴いて

それが
どれほど

かけがえのないことなのか。


私は

正直

人というものが
信じられなかった。


昔から
そうだったのかもしれない。

自分では
普通にしていても

人から見ると

本心を晒していない

演じている

と言われた。


自分ではそのつもりがなくても

そう言われた。



だから、逆に
他の人も見た目にふるまっていることと

思っていることは
違うのだな
と思うようになった。

ネットの顔の見えない世界では

みんな本心をさらけ出す。

ネットの世界は
制御の利かない

欲望のタガをはずす機会を

人々に存分に与えた。

今は
ネットでの規制が激しくなった分
そういうことを
あからさまにはやらなくなったが

だからといって
それが消えたわけではなく

影で
より陰湿にやることが
普通になっているし、

それが現実世界にまで及ぶようになった。


一度、地獄に落とされると

死ぬまで

それから逃れられなくなる。

現実世界での
生活が困難になるくらいに。


私はそれを
身をもって知っているし

だからこそ

人が

人間というものが
もう信用できない。


でも

それでも

好きなものは好きと言いたいし、

嫌いなものは嫌いと言う。


そういう目に遭っている私だからこそ

それを言うことに
意味があると思っている。



こんな私だけれども

でも

マサムネさんが歌った歌を聴いて

涙をこぼしている。



マサムネさんでなくては

だめだった。


マサムネさんでなくては。



その曲を聴いて
たくさん泣いて


一晩
マサムネさんの胸を借りて

私はぐっすりと眠った。



そして
翌日には

自分でもびっくりするくらいの
すっきりした気持ちになって

いろんなことを
片付けた。


今は
いろんなことが
立て込んでいて

本当に心の休まるときがなくて


本当は

毎日へとへとに
疲れていた。



眠る前に
以前録画した映画をたまに見たりしているけど

それ以外は
やらなくてはならないことがたくさんあって

最近はちょっとさすがに
窮屈すぎたと思った。

だから
この連休の3日間は

やってしまいたいことを

思いっきりやって

本当にすっきりしました。



マサムネさん

spitzのみなさん


本当にありがとう。



今度、

12月28日のライブに行きます。

(福岡マリンメッセのやつね。)

楽しみにしています。




アルバムの感想は

後日ゆっくり書けたらいいなと
思っています。


のびのびになっていますが

たぶん
11月の下旬までは

やはりブログは書けなさそうで

たぶん12月から書けたら・・・・いいな(笑)


いつもこんな感じですが

これからも
どうぞ
 よろしくです。


ひとまずは


アルバムを聴いて

思ったことを

素直に書いておきたいと思いましたので

これだけは
先出し致しました。


感想にも何にもならない文章ですが

言わんとするところが
何かしら伝わればよいな
と。



      *      *       *



風が

吹きすさぶ荒原で


私は

毛皮になんて絶対しない


美しい狼の

ふさふさした体に埋もり

あたたかな夜をすごした。


やさしい

けれど

まっすぐな瞳をした

狼だった。



人の気持ちはわからない。


狼も人の気持ちは
わからない。


私は狼に毛皮になんてなってほしくない。

狼がその凛々しい姿で

大地を駆ける

その姿を見ることが


一番好きなのだから。


でも

大好きな狼の体のぬくもりに包まれて


私は

その夜


とても幸せな気持ちだった。




        *      *      *


かぐや姫の物語

日本最古の物語と言われている。



かぐや姫の身に何が起こったのか。


それが

伝承どおりなのか

どうなのかさえ

もはや知る由もない。


その時代、

人の幸せとは

豊かになり

文字通り幸せに暮らすことであった。


かぐや姫
最後に天皇に見出されたのち

ことの結末は曖昧になり

8月15日の満月の夜

昇天する。




天皇に目をかけられることになっても

本当は
彼女は意思を貫き通したかっただろうか?



もしそのようなことがあれば
まさしくその当時にあっては

それは
“罪”とされたことであろう。


果たして

彼女の真意はいかに。



そして
そんな一人の数奇な女性の運命を

書きとめようとした
誰かがいた。


書きとめたい

と思った
誰かがいた。


9世紀頃のことである。


世界を見ても

権力や社会的地位が高ければ高いほど
高貴とされた

その時代に

である。


それが
日本という国の

最古の物語とされている。


それを考えると

日本という国は


なんと底知れない国であったことよ。

f:id:deco-noriko:20191015162640j:plain

とりあえず、生きてます♪

f:id:deco-noriko:20190831012129j:plain


もうひとつのブログにupしたものを
こちらでもupします☆

blog.goo.ne.jp


以下、同文。↓

***********************




ちょっとあれ見な~

エースがとお~る~

すぐれ者ぞと~

街中騒ぐ~♪


てなわけで

本日は
この間またしても
自転車で歌いながら通勤しておりました

キャプテン翼」の主題歌より
お届けしております。


すぐれものぞと

て。(笑)


私世代でさえも

小学生の頃

ん????(?´・ω・`)


てなってました。(笑)


改めて見ると
キャプテン翼」の歌詞は
すごいですね。

ちなみに

本当の歌詞では

「すぐれものゾと」

という風に記載されております。

この
「ゾ」


またポイントです(笑)


そのあとに

アイツの噂でチャンバも走る~♪

とあって

チャンバて
なんやねん

という話にも
そら
なりますわな。


てなことで
ちらっと
ぐぐってみますと

こんなまとめサイトを発見。

→そうだったのかっ! キャプテン翼の「チャンバも走る」の意味、実は解明されてた 

そうだったのかっ! キャプテン翼の「チャンバも走る」の意味、実は解明されてた - ねとらぼ



てか

みんな疑問に思ってたのね~

という感じ(笑)


アイツ(翼くん)の噂で

記者が飛んでくる
ってゆーのも
ありそうだけど、

すぐれもの「ゾ」と
書いているあたりの感覚からすると

バーチャン→チャンバ説も
捨てがたいな。。。(笑)


それは


そうですね

あの当時の雰囲気を知っている
30代後半以降の世代なら
わかるはずだ(笑)


そういうの結構あって

昔って
子供が理解するとか
どうとか
あまり考えていないような

大人や一部の人しか使わない表現だったりとかも

子供向けみたいなものに
躊躇なく挿入されることがあって。

それ
子供とか絶対理解してないやろ
みたいな(笑)

今考えると
子供への配慮なさすぎて
逆におもしろいものもあります。



例えば

学校の教科書とかにも

古風すぎて意味わからんわ
みたいなのが結構ありました。


中学生のとき

古文のテストかなんかで

「さあれ」

という言葉が出てきて。


「さあれ」
というのは

「されば(こそ)」

みたいなやつで

簡単に言ってしまうと


「そんなら仕方ない」みたいな意味で
解釈できるんですけど、

そのときの注釈
(解釈が難しい言葉には注釈として口語訳がついていた)


「ええい ままよ」

と書いてあって。(笑)


中学生の私は

さらに???????(*´д`)??


なりまして。


ええい ままよ

て(笑)


注釈した言葉の意味の方が

難しいわ(笑)


とか


今思い出しても

なんかおもしろいです。



たぶんそういうの

出題してる(書いている)大人は
当たり前に使ってる言葉
なんかもしれないけど

既に誰も使ってないっていうことに
気づいていない

その無関心さがね。


おもしろいです。

そういうのたまにあっていいと思うのよ。

(まぁ単に何の配慮もなしに
なんも考えてないだけなのかもしれんが。)


「何これ?」

みたいな。


言われた方は
わからないまま
なんだけど

あるときふと気づくのよね。



あー

そういう意味だったのね

みたいな。(笑)


今って

なんでもかんでも

子供向けは
かくあるべき

みたいに

最初から

お子様仕様にしかしない

お子様のために
わかりやすくしか作らない

みたいな風潮とかもあって

そういうの
全然つまらんやろなー

とか思ったりしている毎日です。


“自分に全然関係ないこと”

に触れる機会って

今の世界では
どんどん減ってるな
って思う。


誰かが
決めた

「これがいい」と思うモノ、考え方、生き方、社会の在り方

「そういうふうに決まっていて、みんなその通りにしなくちゃいけない」

みたいなね。


それを
すべての人に強制する

そのやり方。


ネットの世界だって

本当に
最初の頃は

混沌としていて。

それがまた
おもしろかったんだけど

最近は
検索してみても
その結果のおもしろくないことと言ったら(笑)


いろんなところで

情報統制も
行われていて。



知らず知らずのうちに

みんな
当たり障りのない

似たり寄ったりの

おもしろくもなんともないことしか

言わないし
書かないし、

ほんと
つまんないな

と思います。


ブログを10年やってて
何ですが

SNSとかも

見ず知らずの人を相手にするという世界から

誰でも知ってる人か

いつも見慣れた人しか相手に
しなくなって

ほんと
ちっさい世界になったよね

って思います。


何が情報共有なんだか(笑)


そんなちっさい世界
ネット使わなくても

日常生活の中で
普通に話せば事足りるだろ

って話です。


その分
日常生活での
コミュニケーションの仕方とかも

もう消耗しきってるんだろうな
とか思ったり。


ほんと
毎日の生活に飽き飽きすることばかりです。



でもね
わたくしの生活は

もう波乱万丈ですよ。(笑)


このブログも8月下旬ごろから
始めるつもりで

ほぼ準備もできてたんだけど
その近辺すごいドタバタしたんで

結局
今日8月最後ということで
(書き始めたときにはまだ8/30だったけど)

ひとまず
なんか書いとこうかな

みたいな感じで

また書いております。(笑)


でも
このドタバタ感も
8月で一応区切りがつきそうです。

やらなきゃいけない嫌なことが
ちょっと前倒しで来た
みたいな感じなので

無問題です。


まぁ夏休みの宿題を
夏休み中にちゃんとやった感じですね。

あとは
ぼちぼちって感じで。


というのも

いつものごとく
お仕事先から
また契約を一方的に切られる形となったので

その後始末をしているところです。


今回も
本当に酷かった。


でも
また新しいこと(お仕事)も始めたりとかしているので

これからも前向きに頑張りたいなと
思ってはいます。




あ。

spitzさんの例のエントリしてたやつ

大丈夫だったみたいです(≧∇≦)ノ


楽しみ♪

ブログの本格稼働は
もうしばし。


いつものごとく
ぼちぼちということで。


でもある意味
予想通り

時間は少しできそうかな
とか(笑)

思ったりしています。




そんな感じです。



最近
まだ8月というのに

急に肌寒くなっちゃって

ここのところ毎日雨が降り続いていた福岡より
お届けいたしました。


やはり
気象が変。(笑)


トップ画像は
夏の最後に水着姿の藍ちゃんなどを
載せてみたり
してみたり
したんだよ。


ちなみに
キャプテン翼」の主題歌は
燃えてヒーローですぬ。


というわけで
今回も
ある特定の年代以降に特化した記事などを
独断と偏見をまじえて
お送り致しました(笑)


毎日大変ですが

体に気を付けて

がんばりませう。


ではでは、またぬ(´・ω・`)ノシ


キャプテン翼 主題歌「燃えてヒーロー」集


平成30年度版www

梅雨明け、夏まっさかり。

f:id:deco-noriko:20190804121543j:plain


こちらにも記事upしときます。

元記事↓
blog.goo.ne.jp



こんにちは。


今回は7月上旬に行われました。
天然パーマ協会(略称TPK)の総会にて
会長の久世氏(以下、敬称略)へのインタビュー取材を
お届け致します。


記者(以下、略)
 「梅雨の季節まっさかりとなりましたが、
  TPKにおかれましては、活躍の時期となりますね。
  いかがですか?」

久世「そうですね。この時期になりますと
   髪の毛がまとまりにくい、などということで
   全てが天然パーマのせいにされることが多く、
  “この癖っ毛のせいで”
   ですとか
  “断固反対、天然パーマ!”などと
   我々TPK宛にもさまざまな苦情ですとか
   抗議の文書などが届きまして
   その対応に追われる季節となっております。」

  「大変ですね。しかし、その全てが天然パーマのせい
   というわけでもないんでしょう?」

久世「その通りです。我々TPKにおいては
   天然パーマチェックリストというものがございます。

   例えば、
   “ドラッグストアの店員にパーマ用のスタイリング剤を
    勧められたことがある
   (もしくはダメージヘア用のシャンプーを勧められたことがある)”
   ですとか
   “パーマをかけていないのに、知人に
    「パーマかけてるよね?」と言われたことがある。
    (もしくは何も確認されていないのに
     パーマをかけたことになっている)”
   などという54項目以上からなる確認事項がございまして、

   その項目にどの程度あてはまったか、ということにより
   天然パーマの基準が定められております。」

  「なるほど。では、実は自分は天然パーマではないにもかかわらず
   天然パーマだと思っている人も少なくない、ということですね。」

久世「はい。特に、髪が傷んでいると荒れやすく、まとまりにくくも
   なるわけですが、それも全て天然パーマのせいだと
   思い込んでいらっしゃる方もいるんです。
   ですが、天然パーマというのは決して“ダメージがある髪”
   というわけではないんですよ。

   我が協会(TPK)でもスローガンとして
    “生き生きとした健やかなる天然パーマを”
   というのを掲げておりまして、
   理想といたしましては、
   “晴れの日も雨の日もくりんとした素敵な髪”
   というのを目指しております。」

   「素敵ですね。昨今ですと、すこしクセのあるニュアンスの髪も
    大変魅力的だと感じる方々もたくさんいらっしゃるので
    むしろ、少し天然パーマくらいのほうがいいんじゃないか
    と思われる人もいらっしゃるのでは?」

久世「そうなんです。驚いたことに、最近我が協会(TPK)への
   加入希望者が増えているんです。

   以前は、天然パーマに対して差別意識或いは対抗意識を持つ人たちに
   立ち向かう組織としてとして発足し、天然パーマにおけるネガティブ
   と思われている側面に悩む人たちが手をとりあって助け合うことを
   目的としていましたが、最近の加入者の多くは、
  “ちょっとしたクセを生かした素敵な髪になるには”というように、
   ポジティブな姿勢が見られます。

   しかしながら、前述のようにもともと天然パーマではない方も
   入会希望されている場合も多く、嬉しい悲鳴ながらも
   その対応などにも追われている形となっています。
   天然パーマ以外の方たちとも手をとりあっていく時期に来ているのかな
   とも感じています。」

  「そうなんですね。TPKは今年発足50周年を迎えるとのことですが、
   この機会に“一体何が天然パーマなのか?”という
   根本的な概念に立ち戻りつつ、ポジティブな方向へ歩み出す、
   という、とても良い節目になっているようですね。

   社会的にもメジャーとマイナーの意識が薄れるとともに
   さまざまな個性が尊重されるようになったよい時代になればと
   私も思っております。今後のご活躍を期待しています。」

久世「はい。私も天然パーマのこれからの明るい未来に胸を馳せております。
   皆様にも今後ともTPKの活動を見守っていただけたらと思います。」

  「TPKは経済的な支援などについて他から一切受けない団体と
   伺っております。同じ共有意識をもった同志とともに、
   そして、そうでない方も気軽に参加できる団体として、
   これからも、頑張ってください。本日はありがとうございました。」

久世「こちらこそ、ありがとうございました。」
    
   
というわけで、
長い長ーい梅雨がやっとあけた途端
夏まっさかりの
福岡よりお届けしております。

ちなみに、上記の団体等については
全てフィクションです。(笑)  

(もしかしたら本当にそういう団体があるかもしれんが
とりあえず、上記のインタビュー等についてはフィクションです。)

この間
雨の中、会社へ向かっているときに
考えていたら(←妄想)
おもしろかったので
書いてみました。(笑)
 

7月いろんな準備に追われていて
8月になってしまいました。。。。

にしても。。。暑いね(´Д`;)笑

福岡は7月は下旬頃まで
梅雨明けしなくて

今年の夏大丈夫?

とか思ってたんだけど。


だいたい山笠追わったら梅雨明けして
夏本番って感じなんですよ。

だから

いつまでも
いつまでも
降り続く雨に


大丈夫??????

と。。。。



そしたら

梅雨明けしたとたん、

この暑さでしょ?

そりゃ
バテますよ。。。ε=(・д・`*)ハァ…

まぁ
私は元気に過ごしておりますが(笑)


とりあえず
最近は気象が変(笑)


とゆーことで。


そろそろお気づきのとおり

今回も
特に書くことを決めておらず

見切り発車にて
書き始めましたので

というか

前回書きましたが

まだもう少し
準備が残っておりまして

ブログの本格的復活につきましては


8月下旬頃には
ぼちぼち始められそうかな
とは
思っていますが、

いろいろと用事が立て込んでいますので
(常にスケジュールは可変で動いております)


書き始めても
たぶん11月いっぱいまで

週1,2ペースくらいになるかも。


もしかしたら時間がたくさんできて
たくさん書けるかも

ですが。


そのところは
秋になってみないと
わからないのですが

とりあえず、
11月末までは

週1,2ペースということで。


そんな感じで
よろしくお願いいたします。

近況と致しましては

spitzさんに

新しいお知らせがいくつかあり

それのエントリを
つい先ほど

行ったところです。

楽しみ(*´∀`)


でも、
ネットを全然見ていなかったので
(TVとかも見てないし)

6月にシングルが出たことを
知らなかったのですよ。

ごめんなさい。。。(´_`。)

↑この間の会報で知ったのです。


今度買う予定です☆


そんな感じで


それ以外は

先月とほぼ近況は変わらず。。。って感じですね。


昨年髪の毛を
短く切って

でも春までには
結構伸びて

先月upした記事に貼ってた

フォルト!!の真夜ちゃんくらいの
長さになってるイメージだったけど

f:id:deco-noriko:20190804121617j:plain

実は
そんなに伸びてなかったらしく
髪を結んでみて

それに気づいた感じです。(笑)


今は
藍ちゃんみたいに

ポニーテールにしてる


↑暑いから(笑)



毎日
暑いけど

とりあえず

がんばろー。


次に書くのは

8月下旬頃かな?

と思います。

(この記事はもうひとつのブログでは
一応7月末の記事ってことで
upしときますん。)


ではでは

みなさまも

お体には
気を付けて。


またねー(´▽`*)ノ



18禁止大丈夫な方のみ藍ちゃん!!
(画像リンク飛びます↓)
           こちら